←19531955⇒

1954年の近鉄

近鉄バファローズ
チームMVP「田中文雄」

初の最下位脱出。田中が26勝をあげるなど、投手陣が頑張った。野手では、鈴木が盗塁王となったが、長打力はないままだった。
チーム順位

4位 74勝63敗3引分
主なタイトル

盗塁 鈴木武 71
最多勝 田中文雄 26
オールスター出場選手 

田中 日下
話題

6月16日 東映戦、判定が不服とし、8月10日に続行試合
8月7日 新人・山下登が高橋戦にノーヒットノーラン
10月10日 東映戦、延長23回
プロ野球

セリーグは中日が初優勝
パリーグは西鉄が初優勝
2月2日 ディマジオとマリリンモンロー、来日
3月27日 パリーグ、高橋ユニオンズが新加入で開幕
中日・西沢、22試合連続安打
南海が18連勝
日本シリーズ 中日4-3西鉄
記録(パリーグ1位)

犠飛 日下 9
完投 田中 23
無四球 田中 7
先発 田中 17
被本塁打 関根 20
ボーク 沢藤 2
失策 鈴木 44

チーム打率1位 日下 ・296(パ6位)
チーム防御率1位 田中 ・2.16(パ5位)
ウィキペディア引用

1954年、8月7日に新人の山下登が対高橋ユニオンズ戦で球団史上初のノーヒットノーランを達成している。74勝63敗5分で、創立以来初となる最下位脱出の4位、勝率5割を越えてのAクラスとなった。近鉄選手初のタイトルとして田中文雄が最多勝、鈴木武が盗塁王を獲得しており、チーム盗塁数223は当時の日本プロ野球歴代5位であった。



在籍選手 背番号
1 武智 2 杉山 3 多田 4 カスパラピッチ 5 鬼藤
6 原 7 鈴木 8 根本 9 山本 10 加藤
11 山田 12 萱原 13 新田 14 太田 15 五井
16 田中 17 沢藤 18 黒尾 19 関根 20 香川
21 拝藤 22 森下 23 吉田 24 日下 25 香川
26 戸口 27 木村 28 青池 29 樋口  30 加藤 
31 松岡 32 若杉 33 大山 34 君野 35 今久留
36 東口 37 永井 38 石黒 39 金本 40 北野 
41 辻中 42 岡田 43  44 浜口 45 山下
46 島田 47 山名 48 細溝 49 丁銀 50 芥田
51 水本 52 小玉 53 谷口    

投手個人成績

香川秀光10試合0勝0敗S防御率2.86
カスパラビッチ 25試合0勝5敗S防御率2.04
黒尾重明 11試合3勝3敗S防御率3.34
五井孝蔵11試合1勝4敗S防御率5.45
沢藤光郎29試合14勝2敗S防御率2
関根潤三35試合16勝12敗S防御率2.44
武智文雄47試合26勝15敗S防御率2.16
永井康雄22試合2勝5敗S防御率5.43
新田道郎8試合0勝1敗S防御率3.91
山下登46試合12勝14敗S防御率2.45
吉田陽次4試合0勝0敗S防御率5
若杉輝明11試合0勝2敗S防御率3.66
・・・詳細

打者個人成績

今久留主功32試合14安打0本4点打率0.32
香川正50試合11安打0本1点打率0.169
加藤昌利5試合0安打0本0点打率0
萱原稔45試合13安打1本6点打率0.26
鬼頭政一104試合105安打1本51点打率0.375
君野健一20試合9安打0本1点打率0.216
日下隆131試合142安打0本53点打率0.353
小玉明利132試合116安打3本46点打率0.371
杉山光平8試合0安打0本0点打率0
鈴木武132試合136安打2本38点打率0.308
関根潤三56試合25安打1本10点打率0.309
武智修127試合121安打5本59点打率0.335
多田文久三83試合49安打5本39点打率0.341
戸口天従64試合32安打0本12点打率0.346
根本陸夫10試合0安打0本0点打率0
原勝彦92試合50安打1本18点打率0.272
樋口貞一3試合0安打0本0点打率0
森下重好88試合60安打5本25点打率0.411
山田清三郎2試合0安打0本0点打率0
山本静雄134試合104安打1本49点打率0.294
若杉輝明11試合2安打0本1点打率0.429
・・・詳細